ラッコキーワード|サジェスト機能の見方・記事の質を上げる使い方

ラッコキーワード|サジェスト機能の見方・記事の質を上げる使い方ブログ
ラッコキーワード

こんにちは、ニックです。
今回のテーマは、次のとおりです。

✔ ラッコキーワードの使い方を解説
・ラッコキーワードとは
・ラッコキーワードの使い方
・サジェスト機能の見方
・キーワード選定の手順
・ラッコキーワードを使って記事の質を上げる方法
スポンサーリンク

ラッコキーワード|サジェスト機能の見方・記事の質を上げる使い方

ラッコキーワードって聞いたことあるけど、使い方がいまいち分からない、と思いませんか?

実際に僕も

ニック
ニック

キーワードを取得できるけれど、、だからどう役立つのだろう?

と、思っていました。

調べてみるとラッコキーワードは

記事執筆前の必須ツール

キーワードを抽出する機能の他に、記事の質を上げる使い方ができます。

ラッコキーワードの使い方を知れば、検索上位表示も可能です。

この記事では、ラッコキーワードの使い方とあわせて、具体的なキーワード選定方法、記事の質を上げる方法をお伝えします。

ラッコキーワードとは

はじめに前提知識として「ラッコキーワード」や「サジェストキーワード」について解説します。

ラッコキーワードとは

エヌさん
エヌさん

ラッコキーワードって何ですか?

ニック
ニック

キーワードを探すためのツールだよ。無料で使えるんだ。

✔ ラッコキーワードとは

無料で利用できるキーワードリサーチツールです。
調査したいキーワードを入力すると、一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれるコンテンツ制作者のためのツールです。

出典:ラッコキーワード

主な使い方は、サジェストキーワードの抽出です。

エヌさん
エヌさん

サジェストキーワード??

サジェストキーワードとは

エヌさん
エヌさん

サジェストキーワードって何ですか?

ニック
ニック

Googleなどの検索エンジンが提案してくれるキーワードのことだよ

サジェスト(Suggest)=提案

検索キーワードを入力したときに表示されるのが、サジェストキーワードです。

(例)検索窓に「ブログ」と入力

サジェストキーワード
サジェストキーワード
エヌさん
エヌさん

よく使うけど名前を知らなかった。サジェストキーワードって言うのね💡

ニック
ニック

ラッコキーワードを使うと、サジェストキーワードを一括で取得できるんだ。

サジェストキーワードはよく検索される需要の高いキーワードで、WEBユーザーのニーズを知ることができます。

サジェストキーワードを上手く使って記事を書ければ、ブログの収益化に繋がります。

サジェストキーワードを使って記事を作成
➔WEBユーザーのニーズに応える記事
➔検索エンジンからの評価が高まる
➔検索上位で表示される
➔アクセスがアップする
➔収益がアップする

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードの便利な使い方を4つ紹介します。

ブログを作るうえで特に重要な4つです。

✔ ラッコキーワードの便利な使い方4つ
1.サジェストを見る
2.Q&Aを見る
3.見出し抽出
4.共起語を見る
ニック
ニック

順番にみていきましょう

1.サジェストを見る

まずは、メインの使い方となるサジェストキーワードの抽出をしてみましょう。あわせてサジェスト機能の見方も解説します。

ラッコキーワードにアクセスします。

②「調べたいキーワード」(今回は「ラッコキーワード」)を入力→「検索ボタン」をクリックします。

キーワードを入力して検索
キーワードを入力して検索

サジェストキーワードを抽出できました。

サジェストキーワードを取得
サジェストキーワードを取得
✔ Google以外のサジェストを抽出したいとき

ラッコキーワードは、Googe以外のサジェストも抽出可能

9種類のサジェストを抽出できます(2022.6.8時点)

・Google
・Bing
・YouTube
・Google動画
・Amazon
・楽天
・Googleショッピング
・Google画像
・マルチサジェスト

「Googleサジェスト」の下のアイコンをクリック

Google以外のサジェストキーワードを取得
Google以外のサジェストキーワードを取得

例えば「YouTube」をクリックすると、YouTubeのサジェストキーワードを抽出できます。

YouTubeのサジェストキーワードを抽出
YouTubeのサジェストキーワードを抽出
エヌさん
エヌさん

YouTubeの動画コンテンツを作成している人は、YouTubeのサジェストキーワードが役立ちそうだね!

ニック
ニック

うん!ブログの場合は、GoogleサジェストのままでOKだよ!

✔ キーワードを深堀りしたいとき

気になるキーワードを深堀りしたい(より詳しく調べたい)ときは、サジェストキーワードの横にある🔃(矢印)をクリック

キーワードを深堀したいとき
キーワードを深堀したいとき

例えば「ラッコキーワード 使い方」の🔃(矢印)をクリックすると、、

「ラッコキーワード 使い方」の🔃(矢印)をクリック
「ラッコキーワード 使い方」の🔃(矢印)をクリック

新しいタブで、「ラッコキーワード 使い方」のサジェストが取得できます。

エヌさん
エヌさん

あれ?全然サジェストされないね。

ニック
ニック

そうだね。実際にGoogleで検索したときも、サジェストキーワードが表示されなかったよ。

「ラッコキーワード 使い方」をGoogleの検索窓に入力してみました。

「ラッコキーワード 使い方」でGoogle検索
「ラッコキーワード 使い方」でGoogle検索
エヌさん
エヌさん

ラッコキーワードのサジェストと同じだね。

「ラッコキーワード 使い方」は、これ以上深掘りする必要がなさそうです。

検索ボリュームの大きいキーワードを調査するときに、使いたい機能ですね。

例えば「ブログ ランキング」を深堀すると、、

「ブログ ランキング」を深堀
「ブログ ランキング」を深堀

569件のサジェストキーワードを抽出できました。

569件のサジェストキーワードを抽出
569件のサジェストキーワードを抽出
 サジェストキーワードでGoogle検索したいとき

右側の矢印をクリックすると、新しいタブでGoogle検索の結果が表示されます。

右側の矢印をクリック
右側の矢印をクリック

「ラッコキーワード 使い方」横の矢印をクリックすると、こんな感じです。

「ラッコキーワード 使い方」横の矢印をクリック
「ラッコキーワード 使い方」横の矢印をクリック
エヌさん
エヌさん

気になるサジェストキーワードの横のボタンをクリックするだけだから、簡単で便利だね!

ニック
ニック

うん!サジェストキーワードをコピペしてググる手間が省けるから嬉しい!

2.Q&Aを見る

次にQ&Aを見てみましょう。

画面左の「Q&Aを見る」をクリック

Q&Aを見る
Q&Aを見る

「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」のリンクが表示されます。

Yahoo!知恵袋と教えて!goo
Yahoo!知恵袋と教えて!goo

リンクをクリックすると「YaHoo!知恵袋」「教えて!goo」のページに遷移します。

YaHoo!知恵袋:「ラッコキーワードというサイトはお金はかかりますか」
YaHoo!知恵袋:「ラッコキーワードというサイトはお金はかかりますか」

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」には、ネットユーザーのリアルな悩みが載っています。

リアルな悩みを解決する記事を書きたい場合は「Q&Aを見る」を活用しましょう。

3.見出し抽出

画面左の「見出し抽出」をクリックしてみましょう。

見出し抽出
見出し抽出

検索上位20サイトの見出し情報が表示されます。

上位20サイト=Googleに評価されているお手本となる記事

なので、上位20サイトを参考に記事の構成を考えましょう。

まず注目すべきは次の2つ

・平均見出し数
・平均文字数
「平均見出し数」「平均文字数」
「平均見出し数」「平均文字数」

どのくらいのボリュームを書けば良いか分からないときは、平均見出し数、平均文字数を参考にしましょう。

次に、記事タイトルの右にあるをクリック

以下、2点が表示されます。

・ディスクリプション
・見出し
記事タイトルの右にあるvをクリック
記事タイトルの右にあるをクリック

特にH1~H3の見出しは、記事の構成を考える際の参考になります。

エヌさん
エヌさん

検索上位ページの構成が分かるなんて便利だね!

ニック
ニック

うん!記事を書く前に確認すると良いよ。

4.共起語を見る

次に、共起語を見てみましょう。

エヌさん
エヌさん

共起語って何ですか?

ニック
ニック

上位20サイトの文章の中で、よく使われている単語だよ

ラッコキーワードでは検索上位20サイトの文章データを分析し、共起語を抽出する機能を提供しています。
SEOで既に結果を出している上位サイトが、どういった内容を取り扱っているのかを、キーワード単位で分析することができます。
検索ユーザーが求めているコンテンツの把握にお役立てください。

出典:ラッコキーワード

画面左の「共起語を見る」をクリック

共起語を見る
共起語を見る

10秒ほど待つと、共起語が抽出されます。

共起語の抽出
共起語の抽出

上位20サイトがよく使うキーワード(共起語)を見て、自分の書く記事に必要な内容があるか確認しましょう。

記事に共起語が入っていない場合は、網羅性のない記事になっている可能性があります。

共起語を使うと記事の質を改善できます。

エヌさん
エヌさん

ラッコキーワードの使い方をおさらいすると、、
 1.サジェストを見る
 2.Q&Aを見る
 3.見出し抽出
 4.共起語を見る

ニック
ニック

色々役立つ機能だよね。より具体的な使い方を解説する前に、ラッコキーワードを利用する上での注意点を確認するよ

ラッコキーワードの注意点

ラッコキーワードには注意点があります。

使う前に知っておきましょう。

1日あたり5回までの制限

ラッコキーワードは、1日あたり5回までの利用制限があります。

非ログインユーザーの検索は、1日あたり5回までに制限させていただいております。(0時リセット)

出典:ラッコキーワード
エヌさん
エヌさん

5回だとすぐに使用回数制限の表示が出ちゃうんだよね

ニック
ニック

簡単に回数を増やす方法があるよ。しかも無料で

ラッコID登録(無料)で50回まで

ラッコIDに登録しログインすることで、1日50回まで利用できます。

無料なので登録しておきましょう。

登録の手順は次の通り

✔ ラッコID登録の手順
1.「新規登録」をクリック
2.メールアドレスを入力
3.メールの確認

1.画面右上の「新規登録」をクリック

「新規登録」をクリック
「新規登録」をクリック

2.「メールアドレス」を入力し、同意に✔を入れて「登録」をクリック

「メールアドレス」を入力し、同意に✔を入れて「登録」をクリック
「メールアドレス」を入力し、同意に✔を入れて「登録」をクリック

3.登録したメールアドレスで受信したメールを開き、URLをクリック

受信したメールを開き、URLをクリック
受信したメールを開き、URLをクリック

以上でユーザー登録完了です。

「パスワードの変更はこちら」をクリックして、覚えやすいパスワードに変更しておくのがおすすめ

ユーザー登録完了
ユーザー登録完了

「ラッコキーワードに戻る」をクリックして、ラッコキーワードを使いましょう。

ラッコキーワードに戻る
ラッコキーワードに戻る

ラッコキーワードをみる

有料プランでできること

ラッコキーワードには有料プランもあるので、ご紹介します。

✔ 有料プランでできることは次の通り
1.サジェストプラス
 …より多くのキーワードを取得できる
2.月間検索数取得
 …キーワードプランナーの検索ボリュームデータを取得できる
3.検索ボリュームが細かく分かる
4.調査できる回数が増える
ニック
ニック

順番にみていきましょう

1.サジェストプラス

サジェストプラスは

「サジェストを見る」機能の強化版

より多くのサジェストキーワードを取得できます。

サジェストプラス
サジェストプラス

ラッコキーワードは有名なツールで、大半のブロガーさんが無料プランで利用しています。

同じサジェストキーワードを参考に記事を構成しているため、競合サイトとキーワードが被ってしまうことも多いでしょう。

サジェストプラスを使うことで、より多くのキーワードを取得でき、他のブロガーさんが見つけられないお宝キーワードを見つけられる可能性があります。

✔ 「従来サジェスト」と「サジェストプラス」の比較
エヌさん
エヌさん

キーワードによっては、2倍のサジェストキーワードを抽出できるんだね!

ニック
ニック

ライバルが使っていないお宝キーワードを見つけられるかも

ライバルが使っていないキーワードを見つけたい方におすすめの機能です。

2.月間検索数取得

サジェストプラスでは、月間検索数を取得できます。

月間検索数
月間検索数

ラッコキーワード上で検索ボリュームが分かるので、キーワード選定を効率よく進めたい方におすすめ

3.検索ボリュームが細かく分かる

検索ボリュームが細かく分かります。

検索ボリュームが細かく分かる
検索ボリュームが細かく分かる

検索ボリューム(月間検索数)はキーワードプランナー(無料)でも調べることができます。

しかし、無料で利用する場合はおおまかな検索ボリューム(1万~10万等)が表示され、細かい検索ボリュームを取得するためにはGoogle広告を出稿する必要があります。

》詳しくはこちらから

ラッコキーワードの有料プランなら、Google広告の出稿なしで細かい検索ボリュームを知ることができます。

4.調査できる回数が増える

有料プランはキーワードを調査できる回数が増えます。

✔ プランごとの価格と調査回数は次の通り
プラン価格(月)キーワード調査
フリー無料50回 / 日
ライト990円3,000回 / 月
スタンダード2,475円10,000回 / 月
プロ4,950円20,000回 / 月
エンタープライズ9,900円50,000回 / 月
プランごとの価格と調査回数

1日50回以上キーワード調査をしたい方は、有料プランの検討を

有料プランはこんな人におすすめ

まとめると、有料プランはこのような方におすすめです。

✔ 他の人が把握していないキーワードを取得したい

✔ キーワード選定にかける時間を短縮したい

✔ 検索ボリュームを細かく知りたい

✔ 無料プランだと、調査回数が足りない

個人ブロガーなら、一番安いライトプランで充分だと思います。

ライトプラン
ライトプラン

とはいえ、ブログ収益が上がっていない状態でコストをかけるのもな、、と感じる方も多いのではないでしょうか。

無料で使いたい人は、キーワードプランナー等のツールと連携して使うのがおすすめなので、具体的な連携の手順をお伝えします。

キーワードプランナー、MozBarと連携して、キーワード選定をしよう

ここからは、具体的なキーワード選定の方法を解説します。

ラッコキーワードの他に、キーワードプランナーやMozBarというツールを使います。どちらも無料で利用可能です。

キーワード選定の流れ
1.キーワード候補を調べる
2.キーワード候補をコピーする
3.キーワード候補の検索ボリュームを調べる
4.ライバルサイトの強さを調べる
5.キーワードの決定
ニック
ニック

順番にみていきましょう

1.キーワード候補を調べる

まずはラッコキーワードでキーワード候補を調べます。

「ラッコキーワード」の記事を書く場合を例に手順を解説します。

①テーマである「ラッコキーワード」と入力し、サジェストキーワードを取得

ラッコキーワード
ラッコキーワード

2.キーワード候補をコピーする

次にキーワードの候補となる、サジェストキーワードをコピーします。

①「全キーワードコピー(重複除去)」をクリック

キーワード候補をコピーする
キーワード候補をコピーする

3.キーワード候補の検索ボリュームを調べる

続いて、キーワードプランナーを使って、コピーしたキーワード候補の検索ボリュームを調べます。

キーワードプランナーの使い方を知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

キーワードプランナー登録方法と使い方

①キーワードプランナーにログインし「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック

検索のボリュームと予測のデータを確認する
検索のボリュームと予測のデータを確認する

②コピーしたキーワードを貼り付けて「開始する」をクリック

コピーしたキーワードを貼り付け➔開始する
コピーしたキーワードを貼り付け➔開始する

③月間平均検索ボリュームで並び替え、キーワード候補をコピーする

月間平均検索ボリュームで並び替え
月間平均検索ボリュームで並び替え

ブログ開設したばかりの場合は、検索ボリューム10~100がおすすめ

4.ライバルサイトの強さを調べる

最後にライバルサイトの強さを調べます。

①コピーしたキーワードで、Google検索します。

コピーしたキーワードで、Google検索
コピーしたキーワードで、Google検索

②MozBarを起動し、ライバルサイトの強さを確認

MozBarでライバルサイトの強さを確認
MozBarでライバルサイトの強さを確認

ライバルサイトが強すぎる場合は、狙うキーワードを変更しましょう。

ニック
ニック

頑張って記事を書くのだから、検索上位で表示させたいですよね

検索ボリュームの低いキーワードでGoogle検索をし直し、戦えそうなキーワードを探しましょう。

キーワードがみつかれば、キーワード選定は完了

記事の執筆に進みます。

ライバルサイトを調査できる、MozBarの使い方はこちらにまとめています。

【無料】MozBarの使い方

見出し抽出と共起語を使って、記事の質を上げよう

ここからは、ラッコキーワードの「見出し抽出」と「共起語」を使って、記事の質を上げる方法を解説します。

見出し抽出を使って、記事の構成を考えよう

記事を執筆する前に、見出しを考えましょう。

先に見出しを考えておくと、記事の執筆がスムーズに進みます

執筆する記事の内容が決まっていれば、途中で手が止まることが減るからです。

見出しを考える際に便利なのが、ラッコキーワードの「見出し抽出」です。

使い方を見ていきましょう。

①選定したキーワードでキーワード調査

選定したキーワードでキーワード調査
選定したキーワードでキーワード調査

②「見出し抽出」をクリック

「見出し抽出」をクリック
「見出し抽出」をクリック

③上位サイトの見出しを確認

上位サイトの見出しを確認
上位サイトの見出しを確認

上位表示されているサイトの見出しを参考に、これから書く記事の見出しを考えましょう。

どんな順番で見出しを並べたら読者さんに伝わるのか

全体の流れ考えてから記事を執筆すると良いです。

最初にH2見出しを考え、次にH3、さらに本文まで作っておくと、ワードプレスでの記事作成がスムーズに進みます。

記事の構成に便利なツール2つ

記事の構成を作る際に便利なツールを2つ紹介します。

どちらも無料で使えます。

✔ 記事構成に便利なツール
・XMind
・Googleドキュメント

記事の構成を考える際におすすめなのが、マインドマップ

マインドマップは全体の流れが直観的に分かるのでおすすめです。

僕はXMindを使っています。

例)本記事の構成を考える際に作成したマインドマップ

XMind

マインドマップは慣れると便利ですが、抵抗がある方はGoogleドキュメントがおすすめ

Wordと似ているので抵抗なく使えます。

先にGoogleドキュメントに文章を書き、ワードプレスにコピペしましょう。

Googleドキュメントとワードプレスは相性が良い

例えばGoogleドキュメントで「見出し2」の設定をしてワードプレスにコピペすると、ワードプレス上で「H2見出し」に反映されます。

①Googleドキュメントで「見出し2」に設定

Googleドキュメント
Googleドキュメント

②ワードプレスにコピペすると「H2見出し」になる

ワードプレスにコピペすると「H2見出し」になる
ワードプレスにコピペすると「H2見出し」になる

Googleドキュメントは、文字数カウントもできるので記事のボリューム確認にも便利です。

記事に共起語が入っているか確認しよう

共起語は

上位サイトがよく使っているキーワード

ラッコキーワードで共起語を抽出して、共起語が記事に入っているかを確認しましょう。

共起語が入っていることで、SEO対策になります。

Googleはキーワード単位で記事を理解しています

例えば「ラッコ」の共起語を多く使って記事を作ると「あ、この記事はラッコに関しての内容だな」と、Googleが理解しやすくなるのです。

共起語を使って記事を作る手順を解説します。

 流れは次の通り
1.キーワードを選定

2.「見出し抽出」を参考に、見出しを考える

3.ワードプレスで記事を執筆

4.記事に共起語が入っているか確認

4.について、詳しい手順は次の通り

①ラッコキーワードの「共起語を見る」をクリック

「共起語を見る」をクリック
「共起語を見る」をクリック

②「CSVダウンロード」をクリック
 ※Excelを使わない方は「共起語コピー」をクリック➔メモ帳等に貼り付けでOKです。

「CSVダウンロード」をクリック
「CSVダウンロード」をクリック

③「シンプル版」をクリック

「シンプル版」をクリック
「シンプル版」をクリック

④CSVファイルを開き、共起語をコピー

CSVファイルを開き、共起語をコピー
CSVファイルを開き、共起語をコピー

⑤ワードプレスの画面でCTRL+Fを押下し、検索窓に共起語を貼り付ける。

ワードプレスの画面でCTRL+Fを押下し、検索窓に共起語を貼り付け
ワードプレスの画面でCTRL+Fを押下し、検索窓に共起語を貼り付け

共起語が記事に入っている場合はOK

入っていない場合は、できる限り入れましょう。

ニック
ニック

すべての共起語が、記事の中で最低1回は使われているのが理想的です

すべての共起語を使ってリライトしたら、検索順位が上がった例があります。

まとめ:ラッコキーワード|サジェスト機能の見方・記事の質を上げる使い方

ラッコキーワードをうまく使うと

・キーワード選定ができる
・記事の質を上げられる

上の2つができると、検索上位で表示される記事を作れます。

検索上位で表示される
→アクセスアップ
→ブログ収益アップ

アドセンスやアフィリエイトで、たくさん収益が上がると嬉しいですよね。

ラッコキーワードを上手に使って、ブログの収益化につなげましょう。

よく利用するので、まずはラッコID登録(無料)をしてから、ブックマークしておくと便利です。

この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

ラッコキーワード
https://related-keywords.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました