【Cocoon】お問い合わせフォームの作り方│アドセンスに必須

Cocoon

Googleアドセンス審査にも、必須といわれるお問い合わせフォーム。

本記事ではWordPressでの、お問い合わせフォームの作り方を、お伝えいたします。

全手順画像つきです。

お問い合わせフォームの作り方が知りたいな

簡単に作れる方法がいいなー

スポンサーリンク

お問い合わせフォーム設置のメリット

お問い合わせフォームを設置すると、メリットがあります。

✔ サイト訪問者と連絡を取れるようになる ➡ お仕事のチャンスが広がります。

✔ 載せている情報に誤りがあった場合などの報告を受ける ➡ サイトの改善につながります。

✔ Googleアドセンスの合格率が上がります。

お問い合わせフォームを設置していないと、読者の方とコンタクトを取ることが難しいです。
新しいお仕事の機会を失ってしまったり、クレームの対応ができなかったり、サイトの運営に不利ですね。
また、サイトの信頼性が落ちる事で、Googleアドセンスの合格率が下がってしまう、といわれております。

プラグイン「Contact form 7」を利用しよう

お問い合わせフォームは、プラグインを利用するのがおすすめです。

「Contact form 7」というプラグインが、最も使用されています。

「Contact form 7」をインストールしよう

それでは、設定していきましょう。
まずは、「Contact form 7」をインストールします。

管理画面より「プラグイン」をクリックします。

「新規追加」をクリックします。

右上の検索窓に「contact form 7」と入力します。

Contact Form 7 の右側にある「今すぐインストール」をクリックします。

これでインストールが完了しました。

「有効化」しよう

インストールが完了しても「有効化」させないと使うことができません。
忘れずに「有効化」しましょう。

Contact Form 7 の右側にある「有効化」をクリックします。

これで有効化が完了しました。

お問い合わせフォームの作り方

次に、お問い合わせフォームを作っていきます。

お問い合わせフォームを作ろう

画面左の「お問い合わせ」をクリックします。

「コンタクトフォーム 1」をクリックします。

「ショートコード」をコピーします。

嫁さん
嫁さん

ショートコードって何??

ニック
ニック

短いコードで呼び出せる便利な機能だよ。

実際に使ってみよう。まるで魔法のようだよ。

画面左の「固定ページ」をクリックします。

「新規追加」をクリックします。

タイトルを入力します。(お問い合わせ)
説明文を入力します。
③さきほどコピーした、ショートコードを貼り付けます。

画面右上の「公開」をクリックします。

これでお問い合わせフォームが完成しました。

お問い合わせフォームを確認しよう

「固定ページを表示」をクリックします。

今回作成したお問い合わせフォームは、このような感じです。

お問い合わせフォームを設置しよう

お問い合わせフォームをサイトに設置していきます。

画面左の「外観」をクリックします。

「メニュー」をクリックします。

※メニューを作成していない場合は、メニューを作成します。

お問い合わせに✅を入れます。

「メニューに追加」をクリックします。

お問い合わせが追加されたことを確認します。

画面左下の「メニューを保存」をクリックします。

これで、お問い合わせフォームが設置されました。

お問い合わせフォームを使ってみよう

作成したお問い合わせフォームが実際に機能するか確認してみましょう。

自分のサイトにアクセスします。

※今回はスマホからアクセスしています。

「お問い合わせ」をタップします。

※今回はメニューをフッターに表示しているため、サイトの下の方にあります。

氏名、メールアドレス、題名、メッセージ本文を入力します。

「送信」をタップします。

メッセージが送信されました。

メールの受信を確認しよう

ワードプレスに設定したメールアドレスに、お問い合わせメールが届いていることを確認します。

ポイントの整理

最後にポイントを整理します。

  • お問い合わせフォームを作ると、サイト運営に有利
  • お問い合わせフォームは、Googleアドセンス合格に必須
  • お問い合わせフォームは、「Contact form 7」を使って簡単に設置できる
  • お問い合わせフォームが機能するか、確認しよう

簡単に設置できるので、ぜひお試しください。

嫁さん
嫁さん

ニックブログもこれでGoogleアドセンス合格だね!!

ニック
ニック

そう簡単にはいかないと思うけれど、、一歩前進かな。

タイトルとURLをコピーしました