Cocoon推しの僕が有料テーマSWELLを購入した理由2つ

SWELL

こんにちは、ニックです。
今回のテーマは、次のとおりです。

SWELLを購入した理由と使った感想

この記事の内容

  1. SWELL購入に踏み切ったきっかけ
  2. SWELLの評判を検証
  3. SWELLを使ってみての感想

SWELLの購入はこちら

この記事の内容

Cocoon推しの僕が有料テーマSWELLを購入した理由2つ

Cocoon推しの僕が有料テーマSWELLを購入した理由2つ

ワードプレスの有料テーマSWELLの評判が高くて、気になっていませんか?

評判も高いですが、お値段も高いですよね。

SWELLは17,600円(税込)

ブログで収益を上げていれば良いけれど、、
無料テーマのCocoonでも充分じゃないかな、、

その気持ち、よーくわかります…!なぜなら、僕が思っていたことだからです。

そんな僕が、どうしてSWELLを購入したのか?

理由は2つ

  1. フォロワーさんの評判が良かったから
  2. 2つめのブログを作るから

信頼するフォロワーさんの評判が高く、2つ目のブログを作ろうと決意したタイミングで、思い切って購入しました。

使ってみての感想を一言であらわすと

感動…!!

使い心地の良さ、随所におもてなしの心を感じて、ちょっと感動しています。

この記事では、SWELLの評判や性能、使ってみての感想とあわせて、注意点やどんな人におすすめなのかをお伝えします。

SWELL購入に踏み切ったきっかけ

SWELL購入に踏み切ったきっかけ

SWELL購入のきっかけは2つ

  1. Twitterでの評判が高い
  2. WordPressテーマ別サイト集を作ったこと

1.Twitterでの評判が高い

Twitterで流れてくるSWELLの高評価

そこで、こんなツイートをしました。

リプ欄にたくさんのコメントをいただきました。

収益0からSWELL使いはじめましたが、デザインが良いだけじゃなくて、記事書く時間も短縮できますし満足してます🙌

時短するなら⇨SWELL
カスタマイズ頑張るなら⇨Cocoon

途中でテーマを変えると変更に時間がかかると思いますので早めにどうするか選択されたほうがいいですよ。

利益出てから移行しようとするならば、早めにswellにしちゃったほうが良いですよ💦
僕もcocoonからswellにしましたが、直帰率が減りました。むしろswellにしてから利益が上がる可能性があります。

この時点の気持ちは以下の通り

SWELLを使わないと分からない世界があるのだろうなぁ…でもCocoonでも充分だしなぁ…

SWELLも使ってみたいけれど、Cocoonを遊び尽くしてからにしよう。

2.WordPressテーマ別サイト集を通して感じたSWELLの魅力

1ヶ月ほど経ち、ワードプレスのテーマ選びの記事を書こうと思い、次のツイートをしました。

48名の方が参加してくださり、記事が完成しました。

ご協力いただいた皆さま!本当にありがとうございます!!

記事を作っていると、再びSWELLが気になりました。

記事執筆中に感じたこと

  1. SWELLのブログはおしゃれ
  2. SWELLは良い感想ばかり

①SWELLのブログはおしゃれ

テーマ別に見比べると、SWELLを使ったブログはおしゃれ

これは、実際に見ていただくのが良いと思います。

WordPressのブログサイト集|スマホ画面で48サイトご紹介

②SWELLは良い感想ばかり

SWELLを使っている方の感想をまとめました。

SWELLの良い感想

・テーマ単体のみの高速化能力はピカイチだとおもう
・誰でも簡単に美しいブログを作れる
・テーマ開発者の開発力と熱意が最強
・追加機能がどんどん増えている
・CSS全然分からないですがカスタマイズ困ったことないです
・執筆スピードが格段に上がりました
・ほぼブロック選択⇒文字入力の繰り返しで、記事が書けて便利!
・わからないことはググれば大体はでてくるので初心者にも使いやすくてオススメです
・複数のサイトで使っています!

SWELLの悪い感想

・他テーマより若干お値段高め

SWELLは良い感想が多く、悪い感想は「値段が高い」の1点

他のテーマでは、機能面の不満も散見されました。

詳しく知りたい方は、こちらからご覧になれます。

SWELLの評判を検証

SWELLの評判を検証

素晴らしい評判のSWELLですが、本当に導入して後悔しないテーマなのだろうか?

そう思い、SWELLの評判を確かめてみました。

確認したポイント3つ

  1. 表示速度は速いのか
  2. デザインはよくなるのか
  3. 執筆速度はあがるのか

1.表示速度は速いのか

しごとFUNくらぶさんの検証によると

SWELLは頭1つ抜けて速い

WordPressテーマの「ページ表示速度」

SWELLはパソコンでもモバイルでも表示速度が抜けて速いです。

実際に当ブログ(ニックブログ)をCocoonからSWELLに移行したところ、劇的に速くなりました。

詳しいスコアが知りたい方は、こちらからぜひ読んでみてください。

2.デザインはよくなるのか

SWELLのデザインは、次の6つのデモサイトで確認できます。

このように様々な雰囲気のサイトを作ることができます。

でもさ、デザインのセンスがないとダメでしょ?

デモサイトのデザインに着せ替えるためのデータもダウンロードできるよ。

そのほかにも

  • 画像のフィルター加工ができる
  • スマホ/PCで別の画像を設定できる
  • トップページのメインビジュアルを動画にできる

など、見た目を整えたい人に嬉しい機能が実装されています。

SWELL公式サイトのメインビジュアル(動画)は圧巻ですので、ぜひ体感してみてください。

3.執筆速度はあがるのか

SWELLはブロックエディターに完全対応しています。

ブロックエディターを使っている様子は、こちらの動画をご覧ください。

✔  SWELLでブロックエディターを使う様子

マウス操作だけでブロックのカスタマイズができ、記事の執筆がサクサク進みそうですよね。

SWELL独自のブロックも多数あります。

✔  まとめ:確認したポイント3つ

表示速度は速いのか
…有料テーマの中でも、あたま1つ抜けて速い
・デザインはよくなるのか
 …簡単にさまざまな雰囲気のデザインを作れる
 …デモサイトのデータをダウンロード可能
執筆速度はあがるのか
 …ブロックの操作性が高く、執筆速度が上がる

\ SWELLの特徴はこちらから確認できます /

SWELL購入決断の理由

SWELL購入決断の理由

実は、これだけSWELLの素晴らしさを知りながら、購入する予定はありませんでした。

その理由は

記事数が60を超えていてテーマを移行するのが大変そうだったから

✔  SWELLは乗り換えサポート用のプラグインがある

SWELLには、乗り換えサポート用のプラグインがあります。

以下のテーマからの乗り換えをサポートしてくれます。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

当サイト(ニックブログ)のテーマはCocoon

乗り換えサポート用のプラグインがあって、ラッキーです。

しかし、サポートできない機能もあるので注意

サポートできない機能(Cocoon → SWELL)
サポートできない機能(Cocoon → SWELL)

乗り換えサポート用のプラグインは

過去記事のデザイン崩れを最小限に抑えるもの

嬉しいプラグインですが、デザインの手直しは必要です。

また、SEOタイトルやメタディスクリプションを手動で移行する必要があります。

移行の手順はこちらの記事から確認できますので「テーマの移行を検討中の方」は、ぜひ併せて読んでみてください。

新しくブログを作るタイミング、2つ目のブログを作るタイミングで、SWELLを導入するのがベスト

最初からSWELLを導入すれば、移行に費やす時間や労力がゼロだからです。

SWELLを使ってみての感想4つ

SWELLを使ってみての感想4つ

「思い立ったが吉日」
「行動は幸福を運んでくれる」

2つ目のサイトを立ち上げるタイミングでSWELLを購入しました。

使ってみての感想は

SWELLはすごい!!

え?何がすごいの?

SWELLのすごいところ4つ

  1. 入れた瞬間からおしゃれ
  2. トップページを動画にできる
  3. マニュアルがすごい
  4. 記事の執筆が楽しい

1.入れた瞬間からおしゃれ

インストール時点でテンションが上がっていました。

そして、入れた瞬間からおしゃれ

SWELLを入れて5分でこんな感じのトップページになりました。

SWELL導入直後
SWELL導入直後

画面を再読み込みすると、画像が変わります。

再読み込み→画像が変わる
再読み込み→画像が変わる

SWELLは入れた瞬間からおしゃれです。

2.トップページを動画にできる

トップページを動画にしてみました。

トップページを動画に

トップページを動画にする手順は

  1. 動画を用意する
  2. 動画をアップする
  3. トップページを動画にする

トップを動画にするのは簡単

メインビジュアルで「動画」を選択すればOKです。

SWELL動画の指定

5分で設定できるのに、インパクトすごい!

自分のサイトに愛着が湧きます。

SWELLでは「テーマカスタマイザー」機能で多くのカスタマイズが可能

変更を確認しながら、直感的にカスタマイズできます。

✔  テーマカスタマイザーを使用する様子

SWELLのテーマカスタマイザー

3.マニュアルがすごい

ブログサイトを運営するためには、WordPressの設定も必要ですね。

WordPressの設定を進めていく中で、SWELLのマニュアルがすごい、と感じました。

どんな風にすごいの?

一言でいうと、親切!

SWELLのマニュアルの凄いところ

  • マニュアル通りに設定すれば良い
  • 何をすれば良いか網羅されている
  • かゆいところに手が届く

マニュアルは必要なことが網羅されています。

①まずはSWELLをインストールしよう

から始まり、上から順番にマニュアル通りに設定していけばOKです。

すごいボリュームですよね。全てに目を通す必要はなく、必要なタイミングで必要な場所を開けばOKです。

WordPressの設定を進めると、途中で迷うところも出てきます。例えば、高速化

キャッシュの設定と言われても、詳しい人でなければ、具体的にどのように設定すれば良いのか分からないですよね。

SWELLのマニュアルには、開発者の了さんのおすすめが記載されています。

SWELLマニュアル  了さんのおすすめ
SWELLマニュアル  了さんのおすすめ・

\ かゆいところに手が届くマニュアルが凄い /

4.記事の執筆が楽しい

SWELLを入れたら記事の執筆が楽しくなる、と聞いたことはありませんか?

正直、SWELLを使う前はピンとこなかったのですが

使ってみたら、その意味が分かりました。

SWELLのブロックエディターは

・かゆいところに手が届き
・直感的に操作ができるので
・ストレスを減らしてくれる

→記事の執筆が楽しくなる

具体的に見ていきましょう。

✔  タイトル

タイトルを入力→文字数が表示される

「SWELL」タイトルを入力→文字数が表示される

タイトルの文字数は32文字前後が良い、と言われています。

タイトルを入力しながら文字数が確認できるのは、地味に嬉しい機能ですよね。

✔  段落

段落よりテキストを入力していき「枠で囲いたいなー」と思ったとき

ワンクリックでOK

この通り

「SWELL」ボーダー設定

スタイルの変更も、段落からワンクリックです。

「SWELL」

Cocoonでも実装可能ですが「ラベルボックス」や「アイコンリスト」などを呼び出さなくてはなりません。

SWELLは、段落からワンクリックで好みのスタイルに変更できます。

記事の執筆スピードがあがるね

うん!使いたい機能がすぐ横(設定)にあるから、サクサク進むよ。使っていて楽しい!

 見出し

見出しはこんな感じです。

「SWELL」見出し

最初からいい感じのデザインなので、CSSをイジることなくそのまま使えそうです。

見出しの色は、基本カラーで設定できます。

「SWELL」メインカラー

✔  パターン

「こんなブロックあったら便利だよね」が実装されています。

「パターン」からクリック

SWELL「パターン」

\    / が上についているボタンが出てくる

枠で囲まれたリストが出てくる

メリット・デメリットの比較も、ワンクリック

SWELL「メリット・デメリット」

商品の比較表も、ワンクリック

SWELLL「商品比較表」

他のテーマでも表現できますが、SWELLだとワンクリック

かゆいところに手が届く機能が充実していて、記事をサクサク書き進められます。

執筆のストレスが減ることで、記事執筆が楽しくなります。

SWELLは使い心地が良いんだね!

SWELLを使ってみると「ブログを書く人へのおもてなしが凄い!」と感じます。

かゆいところに手が届き、無駄な作業を減らしてくれるので、執筆が心地よくなります。

SWELLはファンが多いと聞きますが、使ってみると納得

嬉しい機能が満載で、SWELLの開発者(了さん)の心遣いを感じるからです。

使ってみた感想をまとめます。

✔  SWELLの感想

  • かゆいところに手が届く
  • 記事の執筆がストレスなくサクサク進む
  • CSSカスタマイズなしで、おしゃれ

一言でまとめると

記事の執筆が楽しくなる

SWELLに込められた意味とこだわり

SWELLに込められた意味とこだわり

SWELLの作者、了さんが気になったので調べてみました。

了さんはnoteをやっていたようです。(現在休止中?)

noteの中に、次の記載がありました。

  • SWELLに込められた意味
  • SWELLのこだわり

SWELLに込められた意味

SWELL = 人生のうねり

現状を打破したい。もっと自分の人生を良くしたい。

そんな思いからブログを始める人も多いのではないでしょうか。

SWELLは、そんな人にとって最高の相棒となるべく、生み出されました。

あなたの人生がうねり始めますように。

そんな願いを込めてつけた名前です。

引用:了さんのnote

SWELLのこだわり

最大限に時間を有効に使えるように

本業を頑張りながら隙間時間でブログを書く人でも、最大限に時間を有効に使って欲しい。

そのために、記事の執筆をサポートするエディター機能を充実させ、執筆以外のことで時間がかからないようにマウスだけで簡単にサイトのカスタマイズできるように工夫しています。

プログラミング知識なんて一切不要で、シンプルで美しいブログを作成できる。

そんなテーマになるように、こだわり抜いています。

引用:了さんのnote

SWELLのアップデート頻度

了さんの熱意やこだわりは、SWELLのアップデート頻度から伝わってきます。

SWELLはアップデートが頻度が非常に高いです。

アップデートの間隔にご注目ください。

SWELLのアップデート頻度

ユーザーの声を反映したり、ワードプレスの最新機能に対応したり

SWELLは進化し続けています

了さんの熱意の高さ、ユーザーファーストの視点、開発スピードが凄まじい。本当に感謝しかありません。

SWELL購入の注意点

SWELL購入の注意点

万能に思えるSWELLですが、注意点もあります。

それは

SWELLにすれば稼げるわけではない

Twitterでこのようなご意見をいただきました。

有料テーマだから稼げる、無料のテーマだから稼げないということはありませんよ。
私ブログ4年目ですが、未だにCocoon使ってます。
Cocoonでも収益化できてますし、無料の割に機能も優れてるので満足してます。

読者はブログのデザインを見に来るわけじゃなく知りたいことの答えを探しに来ています。

私もメイン収益出してるのはCocoonですね。
このテーマで6桁は出せます。

他のサイトはswell使ってます。
デザイン性もいいですし使いやすい。

けど……

アフィリエイトしたいから勧める人多いけど、テーマ変えたから収益上がるというのは関係ないと思います😊

おっしゃる通りです。

SWELLにしたから稼げる、というわけではありません。

勘違いしてはいけないところですね。

SWELLはこんな人におすすめ

SWELLはこんな人におすすめ

SWELLはこんな人におすすめです。

  1. ブログを楽しみたい人
  2. 記事数が少ない人
  3. ブログを長く続ける人

1.ブログを楽しみたい人

SWELLはブログを楽しみたい人におすすめです。

  • デザイン
  • スピード
  • 使い心地

使ってみないと分からない快適さがあります。

2.記事数が少ない人

最初から導入するのが理想です。

記事の移行に時間を使わずにすむからです。

記事数が少ないほど、時間が無駄になりません。

3.ブログを長く続ける人

SWELLは17,600円

ブログをすぐに辞めてしまう人には高いでしょう。

しかし、ブログを何年も続けていく人には最高のコストパフォーマンス

毎日のように取り組むブログの時間が快適になるからです。

例えば、SWELLを1年使うと1日あたり約50円
(17,600円 ÷ 365日 = 48円)

1日50円で

  • ブログ執筆が快適になる
  • 執筆スピードが上がる
  • 簡単におしゃれなデザインになる
  • 買い切り型で複数サイトに使える

1年間50円/日で使えますし、2年目以降は完全に無料(1年で払い終わるので)

これを高いとみるか、安いとみるか…

まとめると、SWELLはこんな人におすすめです。

  • ブログをより楽しみたい人
  • 記事数が少ない人
  • ブログを長く続ける人

まとめ

まとめ

SWELLは評判以上に快適で、感動を与えてくれるテーマでした。

  • 簡単におしゃれなデザインになる
  • 記事の執筆が快適になる
  • ブログ運営が楽しくなる
  • 買い切り型
  • 複数サイトに使える

SWELLは間違いなくワードプレス有料テーマの先頭を走っています。

作者の熱意やアップデートの頻度も高く、これからも時代の先頭を走り続けてくれるでしょう。

僕はSWELLを導入して感動しました。

人生の貴重な時間をブログに費やすので、最先端のテーマの世界で楽しく快適に生きたいと思いますし、そうします。

あなたはどうしますか?

SWELL – シンプル美と機能性を両立させた、圧巻のWordPressテーマ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の内容