ビットコインの損益計算を自動でする方法|無料ツールを使おう

▶「将来儲かるかもなぁ…」
「円で持つよりリスク分散になるかもなぁ…」

↑このような思いで、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を買った人も多いですよね。

(筆者も2022年1月からビットコインを買っています。)

しかし、2022年11月現在、
暗号資産は「冬の時代」と言われ、
その価値は下落…

大手取引所のFTXが破綻して、
暗号資産の価値はさらに下落…

どのくらい下落したか
ビットコインの価格を振り返ってみると▼

  • 2022年 1月 1BTC = 550万円
  • 2022年11月 1BTC = 230万円

まぁ、でも、なくなっても生活に困るお金ではないしね。何となく損はしているんだろうなぁ…

くらいに思っていました。

むしろ、これだけ安くなっているのだから、今が買い時では…とも。

しかし、知っていましたか?

ビットコインは利益が出ていなくても、
税金未納状態となることがあり、
後に追徴課税されるかもしれない…

という事実を。。。

  • 例えばトータルで損をしていても、売ったタイミングで利益が出ていれば課税対象なのです…!

何も知らずに追徴課税なんて、絶対にイヤだ…!

↑このように思う人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

まずは、収支を正確に把握しておく必要があります。

ややこしい暗号資産の収支計算ですが、
無料のツールを使って、
簡単に把握できたので、
その方法をシェアします。

自分の資産を把握できていないとシンプルに気持ち悪いですし

暗号資産の取引がトータルでマイナスになっていても税金未納状態

↑このような事態に陥っている可能性も…

確定申告をしないと税務署にバレて、
莫大な追徴課税を請求される可能性もあります。

興味本位ではじめて、儲かってもいないのに、知らないうちに追徴課税…

↑このような悲惨な事態に陥らないように、
無料ツールで損益計算をしませんか。

この記事では、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の損益を、無料で自動計算するする手順をご紹介します。

この記事を書いた人
ニック

✔ 手取り20万、資産1000万

✔ 学童保育の職員

✔ 3人家族(妻・息子5歳)

✔ 「収入が低くても、楽しく過ごす」ための情報を発信

目次

暗号資産(仮想通貨)の収支把握は難しい

暗号資産(仮想通貨)の収支把握は難しい

▶ビットコインを複数の取引所(コインチェック、bitFlyer、GMOコインなど)で買っている

▶けれど、正確な損益を把握できていない

▶いくら儲かっているか(損しているか)把握したい

↑このような状態の人は意外と多いです。

だって、
「ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の損益って把握するのが難しいですよね。」

そもそも、
損益がひと目で分かる画面が見つからないですし、複数の取引所を使っていればなおさらです。

僕は、コインチェックとビットフライヤーでビットコインを持っていますが、いくら損をしているのか正確に把握できていませんでした…

いくら負けているのか直視するのは、
気持ちの良いことではなく、
むしろ目をつむりたくなりますが

自分の資産を把握していないのも、
気持ち悪いですよね。

なぜなら、

▶投資(投機?)を続けていくべきなのか、
▶売って利益を確定させるべきなのか、
▶損切りするべきなのか、

全く判断がつかない状況ですから。。。

理想は「自動で正確に」暗号資産の損益を管理

理想▶自動で正確に暗号資産の損益を管理

そもそも、あなたが暗号資産の損益を把握する目的は何でしょうか…?

▶「いくら儲かっているのかを把握したい」
▶「どのくらい損しているのかを把握したい」

それならば…と、
EXCELなどを使って自分で管理しようと思いがち…

しかし、
手動で暗号資産の価格データを入力し、
損益を管理するのは正確さにかけますし、
シンプルに大変

(そもそも、過去の売買を正確に覚えていない…)

あなたが
儲かっているタイミングで売りたい」とか
知らないうちに追徴課税されるのはイヤだ」とか、
そういう目的で暗号通貨の損益を把握したいのであれば

「自動で、正確に損益計算をする」
そして、できれば「無料で」

↑これが、あなたの求める理想像ではないでしょうか。

なぜ「暗号資産の正確な把握」を実現できないのか

なぜ「暗号資産の正確な把握」を実現できないのか

▶「なぜあなたは暗号資産の損益を、正確に把握できていないのでしょうか?」

それは…

「頑張って自分で管理しようと思うから上手くいかないのです。」

(実際、僕がそうでした。)

瞬間瞬間で値動きするビットコインを
手動で管理するなんて、
まずその発想に無理があるわけです。

時間と労力をかけて、
正確さが足りないなんて、
バカバカしいですよね。

暗号資産の損益は、ツールで管理しよう

暗号資産の損益は、ツールで管理しよう

ビットコインの損益を正確に把握できない原因は分かったけど…じゃあ、どうすれば良いの?

↑このように思う方もいると思います。

結論、あなたに今必要なのは、

【暗号資産の損益を自動で計算してくれるツール】

です。

ツールなら

「1秒単位の価格データを使用しているので、正確な計算が可能」

「がんばって自分で損益を把握する」
という問題が解決するので、
その分の時間やエネルギーを
自分の好きなことに費やせます。

さらには、
手間がかからなく楽なので、
継続して暗号資産の損益を把握でき、
売り買いのタイミングを見極めるのも容易になるでしょう。

自分で計算できていたつもりでも
「実は正しいルールをわかってなくて、税金未納が発生」
という問題も回避できます。

節約した時間を、
あなたの好きなことに費やしても、
暗号資産の損益把握に何も問題なしです。

  • 大切な人と一緒に遊んだり
  • 好きな音楽に聴き入ったり
  • You Tubeを観たり
  • TwitterやInstagramをしたり…

取引件数が少なければ、無料ツールで充分

取引件数が少なければ、無料ツールで充分

暗号資産(仮想通貨)の損益計算は無料でできます。

具体的には、Gtaxクリプタクトで可能。

ビットコインの収支をいつでも気軽に確認できるので、「未登録の方」にはオススメです。

取引件数が多いと有料プランになりますが

  • Gtax ▶ 100件まで無料
  • クリプタクト50件まで無料

なので、
取引件数が少ない方は無料で使えます。

おすすめは両方とも使ってみることです。

突然どちらかのツールが改悪し、
無料で使える件数が減って、
使い物にならなくなるリスクを回避できるからです。

※例えば、

資産管理ツールのマネーフォワード(無料プラン)では、登録できる金融機関の数が10→4になり、大変でしたよね。

同じことが、暗号資産の管理ツールでも起こらないとは限りません。

取引件数が多い方も、
両方試してみるのがオススメです。

なぜなら、
まずは無料で使ってみて、

必要ならば、

あなたの使い勝手が良い方を有料プランで使えば良いので。

さらに、
Gtaxクリプタクトでは同じファイルを使うので、まとめて登録してしまった方が楽なんです。

筆者は両方登録してみましたので、
次に登録方法をお伝えします。

無料ツール(サイト)の登録方法(画像つき)

無料ツール(サイト)の登録方法(画像つき)

ここからは、
無料ツール(サイト)の登録方法を画像つきで解説します。

Gtaxもクリプタクトも簡単に登録できますので、ご安心下さい。

Gtaxの登録手順

Gtaxにアクセス

②「無料お試し」をクリック

③メールアドレスとパスワードを入力
④同意に☑を入れる
⑤「Gtaxを無料で始める」をクリック

⑥登録したメールアドレスに届いたURLをクリック

⑦「会員登録が完了しました」と表示されれば登録完了です。

取引所からGtaxにデータを取り込む方法はこちらが参考になります▼

https://www.aerial-p.com/media/howtodlexchange.html

クリプタクトの登録手順

続きまして、クリプタクトの登録手順を解説します。

こちらも簡単に登録できます。

【CRYPTACT(クリプタクト)】にアクセス

②「無料アカウント登録」をクリック

③メールアドレスを入力
④「私はロボットではありません」に☑
⑤「送信する」をクリック

⑥届いたメールを開き、「メールアドレスを確認」をクリック

⑦パスワードを設定し、
⑧「アカウント登録」をクリックすれば、完了です。

ログインすると、
「デモ取引」で使い方を説明してくれます。

無料ツールを使って暗号資産の損益計算を自動でしよう

無料ツールを使って暗号資産の損益計算を自動でしよう

今回は「無料ツールで暗号資産の損益を把握する手順」を解説をしました。

暗号資産の損益を自動で正確に把握して、自分の資産を管理したり

「気づいたら、追徴課税が課されている…!」

↑このようなリスクを回避しましょう。

Gtaxもクリプタクトも登録や使い方は、以下の4ステップでOK

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを設定
  3. メール認証をする
  4. データを取り込む

とても簡単にできるので、
暗号資産の収支を把握できていない人」は、ぜひ行動してみてください。

莫大な追徴課税を請求されませんように。

\ 取引件数100件まで無料 /

\ 利用者No1の仮想通貨計算サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代後半
3人家族(妻・息子5歳)

【資格】
放課後児童支援員
保育士
応用情報技術者

【経歴】
2010年 SE ➡ 学童保育へ転職
2013年 インデックス投資開始
2022年 当ブログ開始

詳しいプロフィールはこちらから

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次