5歳からの子育て・3つのポイント|思い通りにならないと怒る・イライラ

雑記

5歳になったころから、子どもがイライラすることが増えたり、自分の思い通りにならないと怒ることが増えたりしませんか?

イライラしているということは
ホルモンバランスの乱れだろうか?
自分をもっと大切にしてほしい、というメッセージだろうか?
、、、と悩んだりしますよね。

よく分かります。
なぜなら、僕が思っていたことだからです。

スポンサーリンク

5歳からの子育てのコツ3選【思い通りにならないと怒る】の対応

この記事では、保育園、学童保育、放課後等デイサービスなどでの勤務を通して、今までに500人以上の子どもたちと接してきた筆者が、3つのコツを通して、5歳児との接し方のポイントを解説します。

僕の詳しいプロフィールはこちらから、見ることができます。

このような方におすすめの記事です

✅5歳になってから、子どもがイライラすることが増えた。どうしてなのか知りたい。

✅コロナ禍で子どもと過ごす時間が増えたけれど、お互いにイライラせずに過ごしたい。

5歳ってどんな時期

まずはじめに、5歳がどんな時期なのかをお伝えいたします。

自分で考えて、自分で決めたい

ひとことで言うと、「自分で考えて、自分で決めたい!」そんな時期です。

エヌさん
エヌさん

なんで自分で考えて、自分で決めたいの??

できることが増える

発達は個人差がありますので、他の子と比べることはおすすめしません。

しかし、子どもを理解する上で、発達の傾向をとらえておくことは重要です。

5歳になると、4歳の頃のその子と比べて、できることが格段に増える傾向があります。

(例)うちの息子(ユーマ)の場合
  • ひらがなが書けるようになってきた
  • 段ボールやはさみ、テープなどを使って、自分の作りたい物を作れるようになってきた
  • ブロックや積み木をつかって、建物やトンネル、線路、お家、駅、保育園など、イメージしたものを作れるようになってきた
  • ぬりえが上手になってきた
  • 缶バッジが作れるようになった
  • サッカーができるようになってきた
  • 鉄棒ができるようになってきた
エヌさん
エヌさん

確かにそうだね。色々なことができるようになってきたよね。

ニック
ニック

発達は個人差が大きいから、他の子と比較しないでね。

僕たちも、友達のパパ、ママと比べられると嫌だよね。

言語能力が発達

どんな能力が発達しているのでしょうか。

まず、言葉の力が発達してきました。

大人のような言葉づかい、言い回しをするようになります。

ニック
ニック

まだまだ小っちゃいのに、いっちょ前の言葉づかいをします。

ちょっと生意気なことも言いますよね。

記憶力が発達

記憶力も発達してきます。

いつの間に、そんなこと覚えたの!?と驚くこともあるのではないでしょうか?

ユーマ
ユーマ

パパ、まえにこう言ってたじゃん!

ママにおしえてもらったんだー♪

えほんにかいてあったよ

運動能力が発達

運動能力も発達してきます。

走るのが速くなったり、体力がついたり、高いところから飛び降りられるようになったり、鉄棒ができるようになったり、、、

エヌさん
エヌさん

色んな能力が発達するんだね!

自信もついてきて、「自分のことは自分で決めたい!」って思うんだね。

5歳からの子育てのコツ

「自分のことは自分で決めたい!」と思う5歳からの子育ては、どのようなポイントを押さえるといいのでしょうか。

結論からお伝えします。

ポイントは3つあります。

① 手伝う

② 意見を聴く

③ 合意を得る

順番にみていきましょう。

手伝う

まだまだ未熟で、できないことも多い5歳児。

手伝ってと言われたら、基本的には「いいよ!」でOKです。

また、直接「手伝って」と言われないことでも、親が「こうした方がいいだろうな」と思うことを、子どもが取り組みやすいようにサポートすると良いです。


子ども自身が「こうした方がいいかな」と、思えるように、言葉をかけたり、環境を整えたり、雰囲気を作ることがポイントです。

エヌさん
エヌさん

わかったような、、わからないような、、

ニック
ニック

これだけだと、具体的にどうすればいいのか分からないよね。

(例)子どもが寝坊している場合

➡カーテンをあけて、目がさめやすいようにサポートする。
➡生活音(TVの音、朝食準備の音など)が聞こえるように環境を整える。
➡朝食のにおいが届くようにする。

など、「もう朝かな?」「起きた方がいいのかな?」、、と子ども自身が気づきやすい環境を作って、起きることを間接的に手伝います。

ニック
ニック

後日、より具体的な例を載せた記事をアップする予定です。

実例をアップしました!(2022.3.10)

意見を聴く

2つ目ポイントは、子どもの意見を聴くことです。

特に重要なポイントです。

ここだけ守ることができれば、あとは自動的にうまくいく、というくらい大切だと思います。

子どもの意見を聴くポイントは、3つあります。

① 直接「どうしたいのか」を聴く

② 言葉の裏にある気持ちを聴く

③ 言葉にならない思いもくみ取る

エヌさん
エヌさん

言葉にならない思いもくみ取る、、、ちょっと難しいよ、、

ニック
ニック

そうだよね。僕もなかなかできない、、それでも、子どもはどう思っているのだろう?と想像することが大切だよ。

①から順番に聴いていると、②や③の気持ちや思いが分かるときがあらわれます。

なかなか分からないのですが、その分、「思いがわかった!」「理解できた!」と感じたときは、するどい喜びがあります。

正確には、わかったつもりになっているだけかもしれませんが、それで構いません。

子どもの意見表明を尊重する姿勢が大切だからです。

子どもは、自分自身がかかわることについて、意見を表明する権利をもっています。
(子どもの権利条約「意見表明権」)

それを守ることが、子どもの最善の利益(子どもにとって一番良いこと)につながります。

子どもの言動や表情をよく見ておくことが、子どもを理解するポイントです。

エヌさん
エヌさん

子どもは意見を言う権利があるんだね!

ニック
ニック

「子どもの権利条約」の「意見表明権」を守る!

これが一番のポイントかもしれないね、、

合意を得る

3つ目のポイントは、合意を得る、です。

親が「こうしなさい。」と、子どものことを勝手に決めると、子どもはイライラします。

できることが増えて、「自分で考えて、自分で決めたい」と思っているからです。

ユーマ
ユーマ

ユーマのことなのに、ママが勝手に決めたー!、、

「こうしなさい(命令)」を「こうするのはどうだろう?(提案)」に変えてみることをおすすめします。提案し、お互いに合意を得ることでうまくいくことが増えます。

まとめ:5歳からの子育て・3つのポイント

最後に、この記事をまとめます。

この記事のまとめ

✅5歳くらいから様々な能力が発達し、「自分で考えて、自分で決めたい!」という気持ちが強くなる

✅①手伝う ②意見を聴く ③合意を得る が、5歳からの子育てのポイント

✅子どもの言動をよく見て、「こうしなさい」➡「こうするのはどう?」に変えてみましょう

5歳からの子育て・3つのポイント」というタイトルにしたのには、理由があります。

5歳に限らず、歳(小学校2年生)くらいまでは、3つのポイントを押さえる事で、子どもも親もお互いにイライラせず、機嫌よく過ごすことができると感じているからです。

よろしければ、少しずつ取り入れてみてください。

少しでも、子育てのヒントになれば嬉しいです。

みなさんの子育てが、少しでも楽しく心地よいものになりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました